カウンセリングで悩みの消化の仕方を考える

新型の増加

新型うつ病といわれるうつ病は中々周囲から理解されにくい病気です。カウンセリングを行うことにより、改善させることができます。従来型と異なるのが抗うつ剤が効きにくいという事です。

詳細はこちら

憂鬱な気分が続く

うつ病の症状は気分が落ち込むことや不眠の症状が出てきます。新型うつ病は本人も周りも気が付きにくいので、治療が遅れてしまうことがあります。抗うつ剤で症状が落ち着いても仕事に行くと再発することがあります。

詳細はこちら

新型うつ病の特徴

新型うつ病はこれまでのうつ病とは異なり、症状やタイプが正反対なほど異なります。治療法としては、抗うつ剤以外にも小さい目標を立ててそれに取り組む事を行うことが大切だとされています。

詳細はこちら

うつ病の種類

自己愛が強い人がかかりやすいと言われている新型うつは最近増えています。こちらで紹介されているのでチェックしてみてください。

うつ病と一言で言っても様々な種類があります。新型うつや産後うつなど、それぞれの違いや特徴を理解しておきましょう。

新型うつの症状について

うつ病といえば、精神疾患として広く知られている病気ですが、実は2種類あります。 昔から知られているのがメランコリー型です。 最近20代や30代の比較的若い世代に発症している非定型と呼ばれているのが新型うつです。 この二つのうつに共通する症状は、やる気がおきない、笑えない、体が重い、朝ベッドから起き上がれないなどです。 メランコリー型のうつは、仕事中でもプライベートでも常にこの症状が出るので、本人はもちろん、周りにも分かりやすいです。 一方の新型うつは、主に仕事のときなど嫌な事をやっているときなど、小さなストレスで症状が出てしまい、少し良い事があるとたちまち元気になったりします。 そのため新型うつは、甘えや仮病、仕事をさぼっている、わがままな人と勘違いされやすいのですが、実はれっきとした病気なのです。 症状の波が激しく、気分が良かったり悪かったりを繰り返し、メランコリー型には見られない過食や過眠になることも珍しくありません。

病かどうかの見極めが難しい

現代社会はストレスが多く、こうしたうつ病が誰にでも起こりうる環境にあります。 メランコリー型うつは、広く知られているため、うつの症状とはこうだ、と思い込んでいる人、医者もまだ多くいます。 しかし、新型うつは良く食べる、良く眠るなど一見健康そのものにみえるため、周りの理解が得られ難く、今後どのように理解が広まっていくのかが大きな課題になっています。 心の病は放っておいて治ることはほとんどありません。 そのため、多くの人に知ってもらう事が重要になります。 他人はその人の性格を良く知らないため、見極めはとても難しいのです。 家族は見過ごしてしまわないように、気をつけてあげてください。 自身が新型うつにならないためにも、周りの人が新型うつになってしまったときのためにも、対応できるように普段からの心がけが必要です。

企業で流行中の新型うつとは

企業で働く若手の社員などで流行している新型うつという症状があります。この病気の特徴は、条件を限定してうつ状態になることです。例えば、会社の時だけうつ状態になるケースです。帰宅後や休日等は通常通りの活動ができます。症状としては、寝過ぎてしまうことや手足が鉛のように重く感じること等です。また対人関係に敏感になり、他人に自分を受け入れてもらえないと気分がしぼんでしまいます。他にも、体重や食欲の増加が著しい場合もあります。 新型うつでは、周囲から甘えと捉えられてしまうことが多いです。また「新型うつ」といううつ病はありません。メディアの造語でしかありません。精神医学的に厳密な定義もないために、なかなか周りから理解されることがありません。

甘えと病気、どっちなのでしょうか

新型うつはやはり甘えなのでしょうか。治療対応も定まっていないもので、カウンセリングや薬等を用いても、仕事に戻るとまたうつ症状が出ることが多いです。しかし病院では「うつ病」の診断書が貰うことができる場合もあります。本人が辛いことは確かなのです。 新型うつを治すためには生活療法が有効です。まず、体内時計の調整をすることです。朝起きて、夜は寝るという生活をすることが大切です。これは簡単なようでうつ症状が出ている人には非常に難しいことであると思います。眠れなくても、電気を消して横になることが大切です。 次に適度な運動をすることです。うつ病の人はマイナス思考だけが空回りし、精神面が過重労働となります。心身のバランスがとれた活動ができていないのです。そのために運動をして適度に肉体的にも疲労を与えることが大切です。 あとは身の回りの整頓をすることも大切になります。 新型うつは甘えと取られることが多いですが、本人はとても苦しんでいるものと思います。甘えととらえるよりも、しっかりと話を聞いて原因を探し出すようにしましょう。

新型うつの増加について

職場のメンタルヘルスで最近増加しているのが、新型うつと呼ばれる症状です。新型うつは、従来のうつの症状には当てはまらず、気分の波が比較的大きいのが特徴です。従来のうつは、全般的に気分の冴えない傾向を示しますが、新型うつの場合は、出勤前や出勤時などの職場におけるメンタルの不調はありますが、それ以外の帰宅後や休暇においては、症状が軽くなる傾向が見られます。また本人も、うつで休職することにあまり抵抗感や自責の念を感じることが乏しいケースもあります。ただ、以前からもそのような症状を示す人はいましたが、最近になってクローズアップされたものであること、また新型うつという呼び名も、比較的幅い広い範囲の症例を含んでいて、明確な定義には至っていないことには留意が必要です。

新型うつ病の症状

新型うつ病は他人や環境に責任転嫁を行う傾向が強く、対応が難しくなることがあります。抗うつ剤も一時的な効果で解決になることが少なく、社会的な対応が難しいこともあります。

詳細はこちら

年代別に見る

新型うつ病は20代や30代と行った若い世代に増えています。新型うつ病の改善として、従来のうつ病とは逆に仕事を任せどんどん褒めることで自信を取り戻すことが非常に効果的です。

詳細はこちら