>

新型の増加

増え続ける新型うつ病

うつ病とはとにかく憂鬱な状態が続き、何をしても気力がわかないような状態のことを言います。それは仕事や学校など以外、自宅で寛いでいる時間でも感じるものです。しかし、近年では仕事は憂鬱で耐えられなくなるけれど、プライベートでは元気になるタイプのうつ病が増えてきています。新型うつ病というのはメディアの造語ですが、この心の病には自尊心が大きく関わってきています。新型うつ病の正確な定義はありませんが、20代〜30台の若年層で多く見られる症状です。新型うつ病の特徴としては、ストレスの原因を外部のせいにする点です。従来のうつ病は自分の無能さを悲観して殻に閉じこもってしまう症状が多いのですが、新型うつ病の場合は会社や上司、同僚のせいにして現状から逃避しようとする行動を取ります。そのため自ら進んで病院へ通い、休暇の申請も出すため、周りからはサボっていると判断されてしまうことがあります。

カウンセリングによってパーソナリティー診断が必要なケースも

従来のうつ病は今まで失敗のなかった人が、あるとき突然大きなミスをしたことが原因で発症することがあります。うつ病になる人の多くは完璧主義だったり自尊心が強い傾向があります。そして失敗の原因を自分の中に「自分は無能である」と見出すため、周りの声が聞こえなくなってしまうことがあります。一方新型うつ病も自尊心の高い人に起きる傾向があります。自身の評価と周りからの評価からのギャップによって、「自分はこんなにできるのに評価されない」と考え、自尊心が傷つくことが原因の一つです。その怒りの矛先は他者に向けられることが多いです。新型うつ病の疑いがある人を激しく叱責することは、症状を悪化させることにもなるので気をつけなくてはなりません。また、新型うつ病は薬が効きにくいという特徴もあります。新型うつ病はさまざまな症状の総称なため、何が原因でどうしたらいいのか、個人個人を診断して判断することが大切です。

対処法の留意点について

新型うつの人は、見た目は元気に見える場面もありますが、周囲の人々の言動には非常に敏感ですので、接する際には気持ちを整えてから向かい合う必要があります。よくあるケースとしては、担当者が今までの対応で疲れてしまって、雑な対応をしたことで、本人の症状を悪化させてしまうということもあります。一時的に元気に思える場面があっても、主治医の指示に従わずにその場の思いつきで対応することも良くありません。大きな意味での原因が、利益至上主義などの企業文化に潜んでいる場合もありますので、従業員に優しくない雰囲気の職場になっていないか、もう一度振り返ることも大切です。それは、症状が改善して復帰へのステップを踏む際にも非常に重要となります。