>

新型うつ病の特徴

新型うつの特徴について

現代病ともいわれるうつ病。中でも最近問題となって注目されているのが 「新型うつ」といわれる非定型うつ病です。この新型うつ病は従来の定型うつ病とは 症状の出方や、なるタイプが正反対といってもいいほど異なります。 そのため周囲からはうつ病と認められず、単にサボっているとか怠け者のイメージを持たれることが多いため、本人は症状と周囲の誤解の両方の苦しみを味わっています。 通常うつになると、気分が塞ぎ、何にも興味関心が湧かない、食欲や体重の減少、 思考力の低下、夜眠れないなどの症状が現れます。また強い自責の念に駆られ、ひどい時には自殺願望も現れるのが特徴です。 対して新型うつは、気分が塞ぎ、思考力が低下するなどの症状は同じですが 自分の好きなことには意欲が湧き、食欲は過剰に増し、体重はむしろ増加する。 睡眠も過剰にとり、問題を他人のせいにするなど、通常のうつとは正反対な 症状を呈するのが特徴です。 新型うつは今の20代から30代の若者に多く、些細なことでもストレスになりやすい繊細さが原因の一端だと考えられているようです。

対策と治療法について

新型うつは仮病と誤解されやすく、従来のうつと同じような治療法や薬を処方されて 済まされることも多いです。 しかし、新型うつは従来のうつとは治療法も対策も異なります。 新型うつの場合は、自分の意志で目標を達成するという意識を持つことが何よりも 大事です。 これは従来のうつは、自責の念が強く、頑張りすぎな人がなることが多かったため 周りは「頑張れ」といった言葉をかけるのはNGだったのとはかなり異なります。 悪く言えば新型うつは人間的に未成熟でストレスに極端に弱いのが一つの特徴です。なので必要以上に甘やかさず、どんな小さなことでもいいので目標をたててそれらの ハードルを一つずつクリアしていくのが有効な対策なのです。 周囲は新型うつはれっきとしたうつ病なのだということを理解するとともに、新型うつの人に対して、感情的にならずに冷静に、少しずつでも目標をもたせてあげることが大事です。