>

憂鬱な気分が続く

憂鬱な気分が続いたら

気分が落ち込んだり、意欲がわかない、眠れない日があるなどは誰にも起こり得ることですので、過剰に心配せずとも自然に回復することが多くなっています。ところがうつ病になってしまうと憂鬱な気分がいつまでも続いたり、意欲の低下や不眠の症状もさらに悪化してしまうことがあります。初期の場合は症状もまだそれほど重くないことも多いので、放置したり、つい我慢したりすることもありますが、つらい症状が続く場合は一度医療機関の診察を受けることも考えてみましょう。最近は新型うつと呼ばれる症状もあり、新型うつの場合はまだ新しいタイプの病気となっていますので、病気になっていても本人もまわりも気がついてないこともあり、治療が遅れてしまう場合もあります。

新型うつの特徴を知ろう

うつ病にも様々なタイプがありますので、対処法もそれぞれ違ってきます。まずはどの症状なのかを知りそれぞれに合った治療を選んでいきましょう。新型うつの特徴についても知っておきたいですが、まず患者は20代〜30代など比較的若い世代に多い症状となっています。状況を限定して症状が出ることも新型うつの特徴で、例えば仕事中は憂鬱な気分になっているにかかわらず、帰宅時や休日などは特に症状が出ず、普通に過ごせるなどの症状が出ますので、まわりからは甘えている、わがままなどと感じられることも多くなっています。仕事や学校、人間関係などで嫌な思いをしたときなどに症状が出やすく、一旦薬などで症状が落ち着いても、仕事に戻るとまた再発してしまうこともあります。こうした症状の治療は薬物療法のほかにも生活の改善なども大事となります。